トップページ > オルニチンサイクルとは > オルニチンサイクルとは!?

オルニチンサイクルとは!?

オルニチンサイクルとは

オルニチンサイクルとは、別名尿素回路とも言われ、アンモニアから尿素を生成する幹細胞内にある代謝経路のことを言います。オルニチンはエネルギーの生成を妨げるアンモニアの解毒をサポートし、スムーズなエネルギーの生産を促し疲労の蓄積を防ぎます。オルニチンが幹細胞内でアンモニアと出会い解毒し、無毒な尿素し変え体外へ排出する。そしてまた幹細胞内へ戻る。この一連の流れがオルニチンサイクルです。

オルニチンサイクルが活発化すると

人間が活動するのに必要なエネルギーを作り出す器官であるミトコンドリア。ミトコンドリアは酸素を使いエネルギーを作り出す重要な器官で、肝細胞内にはたくさんのミトコンドリアが存在します。オルニチンサイクルを活発に働かせることでミトコンドリアの活動も活発化。ミトコンドリアの働きが活発になれば肝臓が元気になり、肝機能をアップさせることができるようになります。サイクルを担うオルニチンを補うことが大切。

オルニチンサイクルの活動を活性化するために

オルニチンサイクルの活動を活性化すると、アンモニアの解毒効果が上がり、代謝機能の向上、エネルギーの生産効率もグンと上がります。肝臓を元気にすることで疲労回復につながり、疲れにくいはつらつとした体を作ることにつながります。そのための一番の近道オルニチンの補給。肝臓の衰えは普段の生活では全く分からないため、日頃からこまめに補っていく必要があります。

オルニチンサイクルとは オルニチンサイクルとは、別名尿素回路とも言われ、アンモニアから尿素を生成する幹細胞内にある代謝経路のことを言います。オルニチンはエネルギ