二日酔い予防 - オルニチンの効果や効能

血中アルコール濃度を抑える

アルコールを摂取すると、血液中のアルコールの濃度がグンと上昇します。肝臓はアルコールなどを解毒し排出する働きがあるのですが、元々その働きが弱い人、または弱ってしまっている人は排出作用がうまくいかず、血液中のアルコールの濃度が高いままになってしまいます。オルニチンにはこのアルコール濃度の上昇を抑えるという効果があると言われています。アルコールを飲む前にオルニチンを摂取する人がいるのはそのためです。

アルコールの排出を促進する

二日酔いの不快な症状は、次の日まで体内にアルコールが残ってしまっているため。肝臓はアルコールによって運ばれてきた有毒な物質を一生懸命解毒しますが、その働きが間に合わない場合、二日酔いの原因になってしまうのです。そこでオルニチンはその肝臓の解毒作用をサポートし、アルコールが体外へ排出されるのを助け、二日酔いを根本から改善してくれます。